2005年06月19日

持っている

「これすぐやって。」と上司に頼まれる主人公dilbert 。しかしその書類の日付は...。

according to the date, youve had this on your desk for three weeks.

(「3週間もほったらかしてたんすか!」)

・according to :「〜の言うところによれば」。ここでは「日付を信じるとすれば」「日付から推するに」みたいな。
・have :ご存じ「持っている」という単語。ここでは「(なにもせずに)持っている、放置する」の意味。

せっかくの週末をフイにしてしまいそうなdilbert は怒り心頭。「休暇中に質問の電話をかけてもかまいませんね?」とクギをさすと、「ヨットじゃケータイが通じないからなあ」。皆さんも良い週末を!


posted by 筆者 at 17:33| Comment(0) | Dilbert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

壁を支える

壁に寄りかかってコーヒーを飲んでる社員に、上司がこう尋ねる。

what are you doing? holding up the wall?

「壁に寄りかかる」でhold up the wall (壁を支える)という表現はとっさには浮かばないのではないか。ちなみに筆者愛用の辞書にも出てこない。

さて次のコマ。寄りかかっていた社員は素直に仕事に戻る。オチのコマでは主人公delbert が同僚に「あいつ仕事をほったらかしてどこへ行ったんだ?」と尋ねている。足元には倒れた壁に下敷きになった上司が。さっきの社員は文字通り壁を支えていたのだった。
posted by 筆者 at 19:36| Comment(0) | Dilbert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

予算を凍らせる

会議室でのひとコマ。部下がボスにこう報告する。

i couldnt buy the software i need to do my job because of your freez on expenses.

例の事件で有名になったfreez という単語。ここでは凍結する、出し渋るの意。「ちっとも増額してくれない」みたいな。筆者の給料も長いことfreez されたままだ。expense の複数形は「経費」の意味。必要なソフトが買えなかったので、この部下が今週やったことはといえばコーヒーを飲んで「some new coffee-sipping noises 」を発明したことだけだってさ。
posted by 筆者 at 19:11| Comment(0) | Dilbert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

彼が忘れさせた

場面は主人公dilbertの勤めるオフィス。英国なまりの英語を喋る新人に、二人の女性が夢中。「彼はあたしのものよ」「いいえあたしよ」「あんた旦那がいるじゃない」という口論の後に出たセリフがこれ。

his british accent made me forget.

「そうだったかしら」「(彼が魅力的すぎて)そんなの関係なくなっちゃうわ」みたいな。ラストのコマではその彼が登場。既婚者は心の中で「im single」。 やれやれ。
posted by 筆者 at 22:33| Comment(0) | Dilbert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。