2005年08月11日

あれは簡単

marvin より。飼っている犬が、隠した骨を見つけられずに難儀している場面。marvin が「くんくん嗅ぎ回って掘り出すだけなのに、何をそんなに悩んでるの」と聞くと犬はこう答える。

im afraid its not that simple

(「そんなに簡単にはいかないんだよ」)。

im afraid :「私は恐れる」。ここでは、「残念ながら」。
that :「あれ」。ここでは、「それほど」。he isnt that rich 「そんなに裕福ではない」。

「鮮度を保つために、袋詰めにしちゃったからさあ」だって。それじゃ犬の嗅覚も及ばないよね。


posted by 筆者 at 23:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

上に見せる

Moose and Molly より。社長が秘書に、居留守を使うよう頼んでいる場面。

if moose miller shows up looking for a job, tell him im out

(「moose miller のやつが来たら、わしはおらんと言っておくれ」)。

・show up :「顔を見せる、現れる」。

さてmoose miller がやって来るが、秘書は言いつけどおり「社長は留守ですの」と答える。しかし彼は仕事中の社長を見つけてしまう。もっとも、怒るどころか「あの秘書、嘘つきですぜ」と親切に教えてあげるmoose miller なのだった。

→熟語にはこの教材
posted by 筆者 at 23:33| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

明るい側を見る

アメリカインディアンの漫画Redeye より。二人のインディアンがクマに追いかけられている。下り坂を猛スピードで逃げる二人。二人のうち一人が言ったのがこのセリフ。

look on the bright side. he could be chasing us uphill!

(「ものは考えようだ。上り坂で逃げるよりはマシだろ」)?

・look on the bright side :「ものごとの明るい面を見る」。
・could :「こういう可能性もある、あった」。ここでは、「あいつは上り坂でも追いかけかねない」→「上り坂で追いかけられる可能性もあった」。まあ、下り坂の方が多少は逃げるのも楽だよね。どうぞご無事で!
posted by 筆者 at 23:21| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

見られている電話

Marvin より。主人公Marvin が病院に運ばれた。留守を預かったMarvin 家の飼い犬は心配でたまらない。彼にできることは無事を告げる電話を待つことだけだが...。そんな時、彼がポツリとつぶやいたのがこれ。

a watched phone never rings

(「電話って、待ってると鳴らないもんだな」)。

時計も見てると進まないよね。Marvin が無事でありますように!
posted by 筆者 at 22:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

満ちた人生

Franklin Fibbs より。近所の子供に昔話を聞かせるおじさん。話題は父の日について。「自分が子供の頃は、まだ寝ている父のところへ朝食を持って行ってあげたもんだよ」と(※ちなみにこれ、あちらでは親切な行為らしい。日本では寝ながら食事をしたりしないけどね)。近所の子供、「おじさん、子供がいなくて寂しいの?」と尋ねる。それに対しておじさん、冗談じゃないよとこう答える。

ive lived a full life!

(「わしは人生を満喫しとるよ」)。

・full :「いっぱいの、満ちた」。a full train は「満員電車」。a full stomach は「満腹」。子供という要素はないけど、おじさんにとってはfull life 。他に楽しい事があれば、子供がいない人生もいいもんだよね。

さて翌日は父の日。ベッドでおじさん、思わずホロリとする。昨日の子供が食事を持って来てくれたのだ。
posted by 筆者 at 08:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

彼を無駄にする

漫画「Crock 」からのひとコマ。レストランで食事中のおじさん。満腹してサラダの豆を3つ残してしまう。「figowitz (犬?)にやってくれ」と給仕に皿を渡すおじさん。おじさん、それだけではなくこう付け加えた。

take two beans out... i dont want to spoil him

(「やるのは2つにしてくれ。甘やかしたくないからな」)。

・take...out :「お持ち帰りですか?」でおなじみテイクアウト。ここでは「取り出す」の意味。he took a pen out.「彼はペンを取り出した」。
・spoil :「無駄にする」でおなじみ。「甘やかす」という意味もあるのだ。

でも豆粒が2つでも3つでも、甘やかすことにはならないよね。
posted by 筆者 at 19:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

アルバムをする

漫画Grimmy より。新聞を読んでいると信じられないことが書いてあった。それはなんと...。

they says enya may be doing a rap album.

(「エンヤがラップアルバムを作るらしいってよ。」)

they :「彼ら」。ここでは、新聞を書いた人。編集部。
say :「言う」。「新聞に書いてある」場合もこれを使う。現在形だ。書いたのは過去だけどね。
be ...ing :進行形。近い未来かもしれないし、現在進行中の動作かも知れない。
do :「する」。お皿を「する」場合は「洗う」の意味。ここではアルバムを「する」から、「録音する」とか「売る」とかだろう。辞書にはいろんな「する」が載っている。お暇ならdo の動詞の部分を調べてみて欲しい。
posted by 筆者 at 18:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

人生を持つ

Judge Parker より。ジャングルを行くおじさん二人。「お前やけにジャングル詳しいな」と言われて牧師のdavid が答えたのがこれ。

i had a life before i became a priest.

(「牧師になる前にちょっとね。」)

a :「一つ」。「少しの期間や量」を表現することもできる。
life :「人生」。ここのa life は人生全体ではなく、「俺の人生の他の面」「今とは違う期間」ね。

ちなみに牧師になる前はグリーンベレー(米軍の特殊部隊)にいたそうな。どうりで。
posted by 筆者 at 19:21| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

髪の毛を得る

漫画Funky Winkerbean のひとコマ。結婚前の女の子がチェックリスト(?)を見ながら「あれもしなくちゃ」「これもしなくちゃ」とつぶやいている場面。

... get my hair done ...
(「髪をセットして、と。」)

・get :ご存じ「得る」。ここでは、誰かに何かを「してもらう」。お金を払うという含みがあるらしい。Get your car washed. (「車を洗ってもらえ」→「ガソリンスタンドに行け」)。get your hair done. (「髪を直してもらえ」→「美容室に行け」)。
posted by 筆者 at 19:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。